撮影日:Sep.16.2015

ものづくりの現場から ❷

  • cetera AW

ものづくりの現場から ②


残し続けたい企業●カミソリメーカー|フェザー安全剃刀
職人の技を込めた一挺が世界へ羽ばたく




cetera_03_tak_01

「替刃式ホルダー」がレザーの歴史を変えた


会社のロゴマークである羽根のように軽く、肌をなでるようなタッチの剃り心地、
ハサミでは表現できない毛先の動きや微妙なニュアンスのヘアスタイル。それを叶えてくれるのが、刃物の町・関で生まれた創業80年を超えるフェザー安全剃刀だ。
従来の理髪店で使われていた剃刀は切れなくなると何度も砥石で研ぐため、手間がかかるのが悩みだった。そこでフェザーは替刃式ホルダーを開発し、社員が全国の理美容業界向けの問屋を一軒一軒回って替刃式のメリットをアピールしたところ、いつも切れ味のよい替刃は理美容師にもお客様にも喜んで受け入れられた。
そしていまや理美容業界でトップシェアを誇る「スタイリングレザー」をはじめとするプロ向け製品は理美容師になくてはならない存在となったのである。
剃刀の切れ味を決めるポイントは刃先の角度とシャープさ、このバランスが重要である。他社の追随を許さない独自の「刃付け」と「コーティング」の技術が、よく切れるのに当たりがソフトで耐久性が高いレザーを実現している。
国内の自社工場で、開発から発送まで一貫生産しているのは、何よりこの確かな品質を確保して、維持するためなのである。

熟練職人の技が支える
プロフェッショナルの道具


自社開発の超精密研削刃付機械を備えた関工場では、一般ユーザー向けの製品や理美容の業務用製品が日々製造されている。最新鋭の設備で作られた製品を、それぞれの工程でチェックするのは"ヒト"である。例えば刃先の検査の主役は女性たち。男性がいくら目を凝らしても見つけられない、ほんのかすかなキズや狂いも彼女たちの目は逃さない。顕微鏡レベルのスーパーアイで刃先のすべてをスキャンしてしまうのだ。そして、替刃を挟むホルダーの調整は、なめらかな剃りにするための大事な工程だ。
実はより切れる切れ味を左右するのはホルダーの出来。「絶対の自信を持つ刃を生かすも殺すもホルダー次第」と熟練職人の猿渡さんは言う。「トントントン…」かなづちの音が響くのは最終チェックの部屋。もうひとりの職人である荻さんがすべての製品をひとつひとつ叩いて、刃のはまり具合をかなづちから伝わる感触と音で判断し、微調整をする。

どの製造工程にも、熟練したヒトの目と手が深く関わり、品質を大きく左右するだけに、社員は宝として大切にされている。女性の活躍が欠かせないだけに、社員数も男女比は半々。福利厚生が充実していて、囲碁や釣り、フットサルなど社内のサークル活動も活発で、社員同士の仲がとてもいい。自然と人材も長く定着し、フェザーが長年培ってきた技術やノウハウの伝承も若い世代へとしっかり受け継がれ、品質維持に繋がっている。
高い技術が凝縮した美容用レザーだが、サロンワークはまだまだ圧倒的にハサミの世界。レザーだからこそできるヘアデザインをスタイリストと力を合わせて広めていきたい。
「世界に認められた品質」だからこそ、先進の技術のまたさらに一歩先へ。メイドインジャパンの剃刀が切り開く刃物の未来は髪だけにとどまらず、美容の世界に大きく羽ばたいていこうとしている。

cetera_03_tak_02

cetera_03_tak_03

国内はもちろん海外でも展開するスタイリングレザー海外限定モデルもある。女性の美容師からはカラフルなデザインを望む声も多い。
男性社員は会社でひげを剃るのがルール。
他社製品も自社製品も実際に使ってチェックを行い、品質向上につなげている。

ceterra_03_tak_04

上:刃が入るホルダーが水平になっているか、ねじれていないか、刃が入りやすいかなどを確認する猿渡さん。ひとつひとつ手作業で替刃の挟み具合を長年の知識と技術で調整する。
中・下:刃の断面、刃先の欠けの有無、焼き入れ後の硬さのチェックなど検品の仕事は女性に適している。顕微鏡でしか見えない傷を裸眼でも見つけるほど、女性の眼はフェザーの高い品質保持のために欠かせない。



刃物の町・関工場社屋の右側面はT字剃刀のアールを表し、玄関の屋根は上から見ると剃刀の刃になっている。
日本初の安全剃刀を製造した誇りがにじむ。

世界の技術者が認める切れ味

FEATHER

色バリエーションが豊富に揃う
スタイリングレザーシリーズ




cetera_03_tak_06

シザーと同じくカッテングツールのひとつであるレザー。髪へのあたりが柔らかで、なめらかな切れ味が魅力。 シザーとはひと味違う柔らかい質感を求めてレザーを使うスタイリストさんも増えているんだとか! 点で切ったり線で切ったりすることで今どきのエフォートレスな質感も簡単にできちゃいます。 ここでは、トップスタイリストが認めるスタイリングレザーをずらりラインナップ。 切れ味が抜群で、耐久性に優れた、フェザー安全剃刀のレザーに注目です!

cetera_03_tak07

シザーカットは短時間でアウトラインも毛量調節もほぼ同時にできる上、レザー特有の柔らかい質感のある毛先のニュアンスや適度な束感を表現できるのがポイントです。おすすめはフェザー安全剃刀のレザー。ひとつひとつ熟練の職人が手作業で仕上げて最終チェックをしているから、切れ味も使いやすさも格別にイイんです!

1~4:レギュラータイプより28㎜柄を短くしているので、手の小さなヘアスタイリストも使用しやすい。
ショートタイプ スタイリングレザーS〈全長158mm・重量27g〉
5~8:世界のヘアスタイリストが愛用するスタンダードタイプ。
レギュラータイプ スタイリングレザー〈全長186mm・重量28.3g〉/すべてフェザー安全剃刀

コームガード付きだから安全です!

スタイリングブレイドは、替刃の1枚1枚にコームが装着されているので、直接刃がお客様の肌に触れることなく安心。シザーは髮の断面が輪切り状だけれど、レザーは斜めの状態になるので、毛先がソフトになり、柔らかい質感のスタイルに。加えてレザーは研ぎに出す必要がないので、切れ味が劣る前にその場で新品の替刃に交換でき、いつでも切れ味抜群!


cetera_03_tak08

新コーティングでより切れ味がアップした、スタイリングレザー専用替刃。
スタイリングブレイド レギュラータイプEX(10枚入)


cetera_03_tak10

エアリー感アップにボリューム感アップ
量感バランスの調整まで可能なヘアカットレザー!