Me time 〜前編〜 石賀 和輝(俳優)× DAISUKE(MAGNOLiA Aoyama 代表)

Me timeNov.26.2021


「初めまして!」からはじまる、
美容師さんと私の時間。
“新しいわたし”を見つけてくれますか?

俳優 石賀 和輝 × MAGNOLiA Aoyama 代表 DAISUKE


「なりたい自分」を叶えるために、美容師は、ゲストに対してどのように似合わせを提案しているのか。いま、注目の美容師がカウンセリング術を公開するヘアチャレンジ企画。第5回目にご登場いただくのは、業界屈指のパーマサロン『MAGNOLiA Aoyama』代表のDAISUKEさん。ヘアチェンジを体験するのは、俳優の石賀 和輝さんです。

 

【STEP1 カウンセリング】
黒髪の短髪で男らしい感じにしたい

DAISUKE 今日お会いして、すごくカッコいいなと思って、振り幅の広さ、可能性を感じました。ビフォーは金髪を活かしたミュージックを感じるような雰囲気がいいなと思って、アフターはこれから話しながら決めていければと思います。ちなみにどんな感じになりたいとかイメージはありますか?

石賀 今までは髪の毛を長めに伸ばしていたり、前髪を作っていることが多かったのですが、役で短く金髪にしたので、今日は黒髪の短髪で"男らしい感じ"になってみたいなと思っています。

DAISUKE 確かに長いのも、今もカッコいいけど、これからは黒髪で、新しい感じでね。絶対似合うと思います。髪の毛を暗くさせていただきながら、今はちょっとやんちゃでスピード感がある印象だけれど、もう少し王道な感じで、皆さんから「いいな」と思ってもらえるようなスタイルを作らせてもらえたらと思います。よろしくお願いします。

石賀 よろしくお願いします!

DAISUKE いい声だね(笑)。では、実際に髪を見せてください。

石賀 絶壁なので、セットする時に「ハチを抑えた方がまとまりが良くなるよ」と言われるのですが…。

DAISUKE そうだね。コンプレックスの後頭部をどうカバーするかだけど。今はわざとV字のフォルムにしていて、こうすることで意外と絶壁は気にならない。トライアングルのようなバランスにしてあげることでスピード感とかモードな感じも出てくる。王道な感じにしたいのであれば、ハチを抑えてハチ上の高さを出してあげるといいのですが、今はここが短くて軽いよね。僕だったらもう少しだけ長くするか重くする。そうするとトップがフレキシブルに動きます。今は短くて振れないから、ひし形のシルエットを作りたくても作れない状態。これから伸ばしていくのなら、ここはもうちょっと重くしてあげたほうがバランスはいいし、扱いやすいと思うよ。

【STEP2 カラーリング】
シャドウブルーで印象的な暗髪に

DAISUKE 『フュージョニスト』と言うカラー剤のシャドウブルー(2レベル)とグレイとナチュラルの3色で染めていきます。ブリーチ毛なのでアルカリキャンセルを使って髪を労わりながら、高発色のカラーを入れていくのがポイントです。

石賀 わっ、すごい紫! このまま紫色になったりしませんよね?

DAISUKE なったらゴメンね(笑)。普通に黒で染めて街に溶け込むよりは、少しブルーみを感じさせる色でちょっとした違和感を持たせたいと思いました。パッと見は黒だから万人に受け入れられるし、個性も演出できる。石賀さんは、肌の色がブルーベースなので馴染むカラーだと思います。根元に黒く残っていた部分があったので、そのまま活かし、中間から毛先の金髪の部分を染めていくようなイメージです。今後、動かしていった時に明度差が少しずつ出てくるのと、また役で髪色を変えなくてはいけない時に黒を使ってしまうと色が抜けないとか今後のダメージに繋がってしまうと困るので、黒を使わずに明度を下げようと思います。

石賀 どんな色に染まるのか楽しみです。

DAISUKE 今までは、どんなカラーをしてきたの?

石賀 東京に来てからは金髪しかないですけど、小学校三年生ぐらいまでは、ずっと金髪でした。

DAISUKE え、どういうこと⁉

石賀 メッシュが入っていた時もあったし、おかっぱの金髪でランドセルが水色みたいな(笑)。子どもの頃は美容室ではなく親が切っていて、幼稚園に入る前、寝て起きたら坊主になっていたことがあって「ないー」って号泣した記憶があります(笑)。

【STEP3 カット】
浮きグセ、流れグセをカットで調整

石賀 僕、前髪に生えグセがあって割れてしまうんですよ。

DAISUKE 確かに。でも、だからこそ活かせるデザインもいっぱいあるから、僕はネガティブには捉えていないんだよね。ただ、浮きグセや流れグセがあるのと、毛質的にストレートで硬いから、少し伸びてくるとハチが広がりやすくなると思うので、そこはカットで調整していきます。黒目の外側ぐらいまではモヒカンでバランスをとって、その内側はレイヤーで切っていく。ネックは毛細血管が通っているところなので毛量が多くなり、毛が溜まって見えるので軽さをしっかりとります。ところで、ヘアスタイルで失敗したことはある?

石賀 一回、自分で切ったことがあるんですよ。前髪ぐらいならいけるしょって。

DAISUKE オン眉になっちゃったんでしょ。そういう時に自分の浮きグセを実感するよね(笑)。

【STEP4 スタイリング】
ドライヤーの乾かし方がポイント

DAISUKE ドライヤーでの乾かし方なんだけど、メンズ、特に短髪の人はとても大事です。まず絶壁をカバーするために後ろは根元に対して下から風を当てます。前髪は 左右に振って立ち上げながら乾かしてベースを作っておきます。スタイリング剤は、『エレベート』のハードワックス10Fを使います。ジェルワックス9Fは、めちゃくちゃツヤが出るのですが、カラーで十分にツヤが出ているから10Fで。ワックスは量が少ないとムラになってしまうので、多めにとって表面全体につけます。この後、一度全部髪をあげます。根元に空気が入った感じ、わかりますか?

石賀 はい、わかります。

DAISUKE 根元に空気が入るとモヒカンに毛量が溜まってくるので高さが出ます。この後、髪を下げて戻した時に、動きも出せるし、勝手にハチが締まってくれるのです。ドライでベースを作っておいたのはこのためです。ハードスプレーを使わなくても十分持ちますよ。シンプルだし簡単でしょ。

石賀 短いからどこまで動かせるんだろうと思っていたのですが、意外と遊べますね。

DAISUKE もう少しハチ上の毛が長くなってくるとパーマをかけたりもできるしね。完成です。シューティングしましょう!

ヘアチェンジをした石賀さんのスタイルとインタビューは
Me time後編で!
https://www.gamo.co.jp/?p=18710&preview=true


 

 

FUSIONIST(フュージョニスト)/デミ コスメティクス
髪へのいたわりをプラスしながら カラーデザインの幅を広げてくれるヘアカラー剤。
1 1剤 全55アイテム 各80g

ELEVATE(エレベート)/デミ コスメティクス

男性特有の頭皮、肌の悩みに効果的にアプローチ。 ビジネスマンをサポートするメンズブランド。
2 ハードワックス 10F 85g
3 バランシングローション 化粧水 150mL
4 テクスチャーコントロール フェースカラー 30g 


石賀さんに今回使用したアイテムをプレゼント。ホームケアでスタイルをキープしてくださいね!

<DAISUKE氏コメント>
とても楽しい撮影でした! 石賀さんと初めてお会いし、短い時間ではありますが、色々とお話をさせていただく中で、とても性格や考え方が素敵で声もいいし、イケメンなだけでなくムードもある方だと思いました。そういった内面から出てくるものだと思いますが、クールな表情も柔らかな表情も出来る多面性をお持ちなので、似合わせの幅も広い。これからパーマをかけてもカッコいいと思うし、次もその次も提案したいヘアスタイルがたくさん浮かんできました。新しい自分を見つけられたその先も、石賀さんの活躍を見せていただきたいと思います!

 



MAGNOLiA Aoyama
〒107-0062 東京都港区南青山4-24-8 アットホームスクエアBF
TEL:03-5774-0170
https://www.hairmake-magnolia.co.jp


DAISUKE_MAGNOLiA Aoyama 代表
山野美容専門学校卒業。全国でセミナー講師や専門誌の撮影、パーマ本の出版、商品開発など多方面で活躍。 コンテストでも男女問わず様々な部門で成績を残し、パーマを武器に多くのお客様から支持されている。
Instagram@magnolia_daisuke

Contact