女優 中村 静香さん

Mar.19.2019

INTERVIEW WITH SHIZUKA NAKAMURA
女優 中村 静香

自分に限界決めず、
全力疾走でトライあるのみ!

『痛快TVスカッとジャパン』の再現ドラマで、あざといけれど憎めない悪女、北条里菜(りなっしー)役でブレイク。幅広い層の人気を集めている女優、中村静香さん。同番組のキャラとは違い、自己分析に優れ、何事にも全力投球で臨む努力家の一面も見せる。今年30歳を迎える彼女のリアルに迫った。

ショートにして女性ファンが増えた

15歳の時、「第9回全日本国民美少女コンテスト」の決勝進出をきっかけに芸能界デビュー。以来、女優、グラビア、バラエティーと多方面で活躍。ヘアスタイルはロングヘアが定着していたが、2016年、ショートヘアに大胆チェンジ。当時出演したドラマ『怪盗 山猫』では、謎めいた女スパイ役を演じ、アクションにも挑戦。女優としての存在感を見せつけイメージを大きく変えた。

「スタイルチェンジは事務所に反対されていたのですが、絶対ショートが似合うと自分でわかっていたので説得しました。女性ファンが増えたのは嬉しかったですね。髪型についてツイートしてくださる方が多くて、世の中にこんんなにショートにしたがっている女の子がいるんだなと思いました。男性の意見は賛否両論です。でも、私の中で90%の満足度は得ているので切って正解だったと思います。理想は大人格好いいけど可愛らしさもあるショートスタイル。今は19ミリのアイロンで巻くなど色々なアレンジを楽しんでいます」


番組で過酷なフルマラソンに挑戦

昨年は、ランニングエンターテイメント『サブ4』(BS日テレ)で、42 195kmのフルマラソンを4時間以内で走りきる企画にチャレンジした。17歳の時にホノルルマラソンを完走した経験はあるが、そこから10年以上トレーニングをしてこなかった中村さんにとって、わずか4ヶ月のトレーニングで達成することは無謀な挑戦だった。本番の舞台は7月に開催された『函館マラソン』。

「20〜30キロはすごく楽しかったけど、35キロからはずっと修行。苦しかったけど、何がなんでも成立させなければならないと思思って1秒を削る思いで走りました」

結果は4時間05分48秒。一般女子29歳以 下で8位という記録だった。惜しくも達成はできなかったが、努力してきた過程や本番で全部を出し切った姿を見て、多くの視聴者から感動の声が寄せられた。4ヶ月の経験は「私の財産です」と語る。

「番組を通して走ることの楽しさを教わりました。走っている間はマイナスの感情が一切出てこなくて、前向きな考えしか出てこない。これってスゴイなと思って。あとは、限界を自分で決めてはいけない、成せば成るという考え方も学ばせていただきました。これは、あの世にも堂々と持っていける経験です。神様に『君はしっかり生きたのか?』と聞かれたら『はい!』と自信を持って答えられます(笑)」


函館マラソン完走しました!

『蒲田行進曲』のヒロイン役に大抜擢

神様が見ていてくれたのか、思わぬ展開もあった。今月末に上演される舞台『蒲田行進曲』のヒロイン・小夏役に大抜擢されたのだ。

「銀四郎を演じる座長の田谷野 亮さんがマラソン番組を見て、この感じなら小夏ができると思ってくださったのです。マラソンは芸能とは関係のないジャンルですが、のめり込んで一生懸命やったから、今までやってきた点と点が一本の線につながった。こうやって色々な人のところに想いが届くんだなと思いました」

また、4月から放送されるドラマ『緊急取調室』(テレビ朝日)では、居酒屋店員・かやの役で再び出演することが決まっている。

「前シーズンでは大杉漣さんとの思い出もある大切な作品。また演じることができるのが嬉しいです。緊迫したシーンが多いドラマなので、私の登場シーンでは、ほっと和んでもらいたいと思っています」

最後に今後のビジョンを尋ねた。

「ある程度の未来予想図しかないです。人生設計をしてもその通りにはいかないと思っていて。羅針盤のようなもので、誰かが『南においでー』とか方角を示してくれたら、そこに向かって突っ走るだけ。でも、一つだけ目標はあります。上戸彩さんが主演した『昼顔』が大好きなのですが、いつか私も身を滅ぼすくらい誰かを愛する女性を演じてみたい。そのために今は与えられた仕事を一つひとつクリアしていきたいと思います」


テレビ朝日ドラマ「緊急取調室」(第2シーズン)のワンシーン ©テレビ朝日


趣味はパン作り。ブレッドライセンスも取得しています!


 Profile/中村 静香 (女優)
1988年9月9日生まれ。京都府宇治市出身。2003年、「第9回全日本国民美少女コンテスト」出場。同年、「美少女クラブ21」結成でデビュー。以降、女優やグラビア、バラエティー番組など幅広いジャンルで活躍中。2016年、宇治市観光大使に就任。2019年、舞台「蒲田行進曲」(3/27〜3/31)に出演。4月スタートのドラマ「緊急取調室」第3シーズン(テレビ朝日)にレギュラー出演が決定。

オフィシャルブログ
https://ameblo.jp/shizuka-nakamura/
Twitter @SizukaNakamura
オスカープロモーション
https://www.oscarpro.co.jp                                                  

ヒロイン・小夏役で好演中!

たやのりょう一座
第3回公演 「蒲田行進曲」

作:つかこうへい
演出:こぐれ修(劇団☆新感線)
【公演日】2019年3月27日(水)〜 2019年3月31日(日)
【劇場】浅草木馬亭 【料金】全席指定 5000円
チケット取り扱いは、 チケットぴあ・ローソンチケット

※ガモウでの取り扱いはございません。