NPO法人 JHCA 日本ヘアカラー協会とは?

Beyond the limitsJul.22.2019

日本のヘアカラー技術・知識の向上を目指し、 1996年4月に設立された NPO法人 JHCA 日本ヘアカラー協会。 へアカラリスト検定やコンテスト、セミナーなど 各種イベントを開催しています。


日本のヘアカラーを牽引する協会が
「令和の大改革」を宣言⁉
技術を磨き、共に高め合える存在へ

全国の加盟サロンに対して、カラー技術の普及を主眼とし、エデュケーションを中心とした活動に力を入れているNPO法人 JHCA 日本ヘアカラー協会。新元号に変わり、新たな時代へと加速していくJHCAは、そのひとつとして、2019年度新委員長に初めてカラリスト、高原紀子氏を選出した。技術者、そして女性ならではの感性と持ち前の行動力と情熱で“新生JHCA”をどのように改革していくのか尋ねた。

 


2019年 JHCA委員長
カラリスト 高原 紀子氏 (kakimoto arms)

−現場の技術者から初めて委員長に抜擢されましたが、お気持ちと抱負をお聞かせください。

JHCAが設立して23年。これまで日本のヘアカラーをリードしてきました。キラキラ輝いている令和時代を生きる女性たちに私らしく美しいヘアカラーは必要不可欠です。これからもその必要性は増し、まさに今、その重要性と進化の時です。それを実現するために更に私たちの技術を磨き、日本のヘアカラーをリードするカラーデザインを創造し、私たちのサロンがお客様に支持されるよう、リーダーシップを発揮していきます。そして各エリアの技術者リーダーチームをつくり、ビジョンを明確に示して活動内容もパワーアップ。「見える化」をはかりながら技術者が学びやすい環境をつくります。

この協会のメンバーだからこそサロンで提案・提供ができる「高価値のヘアカラーデザイン」が絶対にあると思っているので、そのためにももっと自分たちのデザイン・技術に磨きをかけ、共に高め合い、最終的にはお客様届くような仕組みをこの一年間で創り上げていきたいと思います。


4月16日に開催された「HAIR COLOR LIVE CONTEST 2019」

−2019年の活動テーマや具体的なアクションプランについて教えてください。

2019年のテーマは『ホイルワーク エクスペリエンス〜ホイルワークの新しい世界へ〜』です。活動を広く浸透させていくためにメインテーマロゴは、日本を代表するクリエイティブディレクター佐藤 可士和氏ディレクションのもと平井亜美氏によるグラフィックデザインを採用しています。

日本のヘアカラーの歴史は白髪染め、ワンメイク カラーがベーシックでしたが、これからは日本・アジア女性たちを輝かせるために「ホイルワーク」がベーシックとなる時代です。技術も考えかたも進化しています。体験を通じてホイルワークの奥深さを感じて、ホイルワークは私たちになにをもたらすのか?を真剣に考えていきたいと思います。私たちを取り巻くヘアカラー環境は多様化しています。だからこそ、ホイルワークに着目し、今まで以上のホイルワークの新しい世界へ導いていきます。

セミナーは全て体験型になっています。そこで撮影した作品は公式のInstagram、ホームページ、情報誌などでどんどん発信していく予定です。他にも皆さんがワクワクするような仕組みを実現させていきますのでご期待ください。


佐藤可士和氏がディレクションしたポスター。サロン店頭で掲出していく

サロンが新生JHCAの活動に参加する意味やメリットを教えてください。

JHCAはヘアカラーを通じて日本の女性を綺麗に輝かせたいと熱く思っている人達が集まっている協会です。そこに入ることでヘアカラーの奥深さを知り、今まで自分たちが身につけてきたものにより磨きをかけ、進化させ、それを女性たちの喜びに変えていく。結果、サロンに反映していくという仕組みが活動を通じて得られることが最大のメリットだと思います。

最終的には、サロンの集客・カラリスト指名のアップ、カラリストの存在感を高めていくことなど、目に見えてサロンの中が変わっていくところまで共に創りだしていきたいと思っています。興味のあるサロン様は是非、仲間に加わっていただけたら嬉しいです。


セミナー受講者がセミナーをうける時に必要な伝承ツール
(Anti、imaii、Kakimotoarms、 Double、Heavens 制作協力)

 

NPO法人 JHCA 日本ヘアカラ―協会
https://jhca.ne.jp/

Contact