OLAPLEX

LIVE STAGEMay.14.2018

 

 

 

 

世界中で認められた、真のオリジナル
ダメージ補修力。毛髪耐力。

今までには実現出来なかったスタイルの可能性を広げます。

オラプレックスの働き
How Does OLAPLAEX work

日本初の新成分を採用。
ジマレイン酸ビスアミノプロピルジグリコール
Bis-Aminopropyl Diglycol Dimaleate

カラー・パーマなどのケミカル施術を始め、ドライヤー・アイロンなどの熱、ブラッシング・ヘアゴムなどの摩擦、紫外線・外気・エアコンなど、生活のあらゆる場面で毛髪はダメージをうけ、結合も壊れてしまいます。毛髪(S-S結合)のダメージによるシステイン酸の生成、タンパク質やキューティクルの欠如などのダメージ進行を、オラプレックスが採用した日本初の新成分がケアすることで、毛髪本来の美しさと強さをもたらします。

製品ラインナップ
PRODUCTS LINE-UP

No.1 Bond Multiplier
No.1 ボンドマルチプライヤー
100ml/525ml
– 主要成分:ジマレイン酸 – pH 3.5 – 髪の内側へ作用 – サロンケア

No.2 Bond Perfecter
No.2 ボンドパーフェクター
100ml/525ml/2000ml
– 主要成分:ジマレイン酸 – pH 4.5 – 髪の内側と外側へ作用 – サロンケア

No.3 Hair Perfecter
No.3 ヘアパーフェクター
100ml
– 主要成分:ジマレイン酸 – pH 4.5 – 髪の内側と外側へ作用 – ホームケア

Questions and Answers

Q1. OLAPLEXって何をしている会社から発売されているの?
A1. OLAPLEX製品のみを扱う、美容専売メーカーです。アメリカのカリフォルニアにて2013年に発売され、Dr.エリック・プレスリーとDr.クレイグ・ホーカーという科学界でドリームチームと呼ぶべき世界を代表する科学者によって開発されました。

Q2. アレルギーは起こさないのか?
A2. 海外約140ヵ国にて展開しておりますが、現状起きていません。

Q3. シリコーンは入っているのか?
A3. 入っておりません。他にも、硫酸・フタル酸・ジエタノールアミン・アルデヒドフリーです。

Q4. エイジング毛やグレーカラーに対しての効果はどうか?
A4. タンパク質に働きかけることにより、柔らかさを残しつつもナチュラルなふわっとした立ち上がりを演出します。また、繰り返されたグレーカラーによるダメージをケアすることでパサつきを抑え、なめらかでまとまりのあるスタイルを手に入れられます。

Q5. しみにくくなるのか?
A5. そのような科学的根拠はございません。

Q6. ダブルカラーでの使い方は?
A6. それぞれのブリーチ&カラーでの使用手順がベースとなります。しかし、サロン様での料金体系や時短施術などによってはブリーチ施術のブリーチ剤お流し後、カラー施術へとお進みください。

Q7. No.3をシャンプー後に使用した場合どうなるか?
A7. 問題はありませんが、推奨使用工程の方がより効果が見込めます。

Q8. 通常ドライでのカラー塗布をしている場合、No1.ミクスチャー使用後にドライして良いか?
A8. 問題はございませんが、操作性が悪くなる可能性が高いため、ウェットでの塗布を推奨します。

 

Future Beauty from cetera vol.8
この世界から髪のダメージが消えた!?

意外な技術を応用したOLAPLEXの軌跡

度重なるブリーチなどで、のばすor切るしか選択肢のなかった傷んだ髪のダメージまでも修復し、毛髪強度を上げる「OLAPLEX」。薬剤によって髪が受けるはずだったダメージを大幅に軽減する「キセキの一滴」が、本来のハリやコシを取り戻し、あきらめていたなりたい髪を叶えます。

 

世界を虜にした新処理剤
遂に日本上陸!

カラーやブリーチ、パーマなどのケミカルダメージを受けた髪、またエイジングで細く弱くなった髪をケアするアメリカ生まれの新しい処理剤「OLAPLEX」。開発のきっかけは創業者ディーン・クリスタルの家族の病気でした。治療のための幹細胞の研究中に、人工関節などの医療用インプラントが体内で拒絶反応を起こさないようカバーするUV反応性シリコーンコーティング技術を開発した研究者と出会います。美容ディーラーの父と美容院を経営する母という美容一家で育ったディーンは、この技術を毛髪に応用することを思いつき、ケミカルダメージを軽減する研究を始めたものの、思うような結果は出ずじまい。あきらめかけたときに出会った世界的な科学者であるエリック・プレスリー博士とクレイグ・ホーカー博士がディーンの要望に応え、新成分「ジマレイン酸ビスアミノプロピルジグリコール」を開発。壊れた毛髪結合に働きかけてダメージを補修し、毛髪強度を上げることに成功したのです。これまで、カラーやパーマの前後に行う処理剤の役目は、施術前に不足しているアミノ酸(タンパク)を補充して、その後のカラーを「染まりやすく」、パーマを「かかりやすく」することでした。オラプレックスは髪のもとになる成分を補充するのではなく、壊れた毛髪結合を見つけて再構築し、ダメージを修復することで髪本来の美しさと強さがよみがえります。発売前に130のターゲットサロンでオラプレックスをモニターしたところ、ハイダメージ毛やブリーチ毛、エイジング毛にも効果を発揮し、多くのスタイリストから高い評価を得ました。家族の病を癒すために生まれた一滴の奇跡が、世界中のダメージに悩む人々の髪を救い、あきらめていた憧れのヘアデザインを叶えます。

あらゆるダメージから髪を解き放つ

スタイリストの魔法の杖

ダメージのせいで、スタイルを楽しめないお客様と、お客様のリクエストに応えられないスタイリスト。ふたつの願いを叶えるのが革新的処理剤「OLAPLEX」。魔法の杖みたいにどんな悩みも解決して美髪に変身!

 

WHAT’S OLAPLEX

オラプレックスって何?

カラー&パーマなどによる「ケミカル」なダメージや、ドライヤー&アイロンなどの「熱」のダメージ、ブラッシングによる「物理的」な摩擦、さらに紫外線や外気、エアコンの送風など、あらゆる場面で起きてしまう髪へのダメージは、髪を形づくるケラチンタンパク結合をも壊してしまいます。オラプレックスの主成分は「Bis-Aminopropyl Diglycol Dimaleate」(ジマレイン酸ビスアミノプロピルジグリコール)。Dr.エリック・プレスリーとDr.クレイグ・ホーカー、世界を代表する二人の科学者の手によって開発されたこの新成分が、毛髪(S-S結合)のダメージによる「システイン酸」の生成と、その過程によるタンパク質やキューティクルの欠如などのダメージの進行をケアすることで、毛髪本来の美しさと強さをもたらすサロンシステムです。

●少量でも効果バツグン
●再来までキレイが続く
●髪のデザインぐっと広がる
●ハリコシ手触りもアップ

 

No.1
毛髪内部のダメージを きっちりお直し 主成分のジマレイン酸が髪の内側へ作用し、カラ ーやパーマなどの施術によるシステイン酸の生成 と、その過程によるタンパク質やキューティクル欠 如などのダメージの進行をケア。 No.1 ボンドマルチプライヤー<525ml>
HOW TO USE
乾いている髪にNo.1ミクスチャー*を根元から毛先までまんべんなく塗布、よく揉み込んでコーミングし、5分以上放置。髪にしっかりと浸透させます。シャンプー後、カラーの施術を行います。

No.2
髪の内外を強くして 美しさを取り戻す ジマレイン酸が髪の内側と外側へ作用し、No.1で 行ったダメージ補修を加速させ、毛髪強度を高めま す。あらゆるダメージから保護し、毛髪本来の美し さと強さをもたらします。 No.2 ボンドパーフェクター<525ml>
HOW TO USE
カラー剤を流し終えた後、薬剤の浸透をよくするため、水気をしっかり取る。No.2を根元から毛先まで塗布、よく揉み込んでコーミングし。5分以上放置。放置時間の延長や加温することで効果がアップ。

No.3
サロン後も長く続く ハリコシ美髪へ ホームケア用のオラプレックス。サロンでのカラー、 ブリーチ、パーマなどの施術後、次の施術までの間 に使うことで、髪質のコンディションを長くキープで きます。他のトリートメントとの併もOK。 No.3 ヘアパーフェクター<100ml>
HOW TO USE
サロンでの施術後、ホームケアするアイテム。乾いた髪に20ml 程度を全頭に塗布、よく揉み込み、約10分放置。ハイダメージの場合は繰り返し塗布します。洗い流した後、シャンプー&トリートメント。

製品詳細につきましては、ガモウ担当セールスまでお問い合わせください。