me time 〜後編〜 坪根 悠仁さん(俳優)

Me timeJul.26.2022

INTERVIEW WITH  Yuto Tsubone
俳優・坪根 悠仁

笑われて 笑われて
役者として つよくなる。

「この企画を聞いた時に、大久保さんにスタイルチェンジをしてもらえるの!? って驚いて、ワクワクした気持ちで来ました。そして、こんなにも僕のなりたいイメージを叶えていただいて、本当に嬉しいです」。『me time』(前ページ)でヘアチャレンジに挑戦してくれたのは、話題のドラマや映画に次々と出演し、人気急上昇中の若手俳優、坪根 悠仁さん(22)。「大久保さんには誌面に掲載できないぐらい質問をしてしまったのですが、丁寧に教えていただき、髪の毛のことを知る良い機会になりました。僕にとって美容師さんは、自分をアップグレードしてくれる"神様のような存在"です。大変な業界だと聞きますが、皆さんイキイキとお仕事をされている方が多いので元気をもらっています。大久保さんのサロンにも是非、伺いたいです」


HAIR & MAKE-UP / Kana Ohkubo (HEAT)
PHOTO / Kazuki Enomoto
MODEL / Yuto Tsubone
STYLING / Fumika Ito (SOT)
COSTUME / MARKAWARE

ジュノンボーイから俳優の道へ

福岡出身の坪根さん。小さい頃は仮面ライダーが好きで俳優に憧れを持っていた。中学からはバンド活動も行い、地元の音楽専門学校に進んだが、将来を決めきれずにいたという。一歩を踏み出すきっかけになったのは、後輩が勧めてくれたコンテスト。2018年開催の『第31回ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト』に応募し、フォトジェニック賞・明色美顔ボーイ賞を受賞し、芸能界入り。

「最終選考で藤田 ニコルさんに愛の告白をする演技審査があったのですが、そこでスタッフさんと一緒にシチュエーションやセリフを作り上げていく過程が楽しくて。その時、俳優をやりたいという気持ちが明確になったのです」

 

朝ドラ『エール』で俳優デビュー

俳優デビューは2020年に放送されたNHK連続テレビ小説『エール』。寅田 熊次郎役として短い出演ながらも存在感を見せ、Yahoo!リアルタイム検索のトレンド入りを果たすなど反響があった。

「プレッシャーを感じながら現場に入ったのですが、窪田 正孝さんや古田 新太さんをはじめ現場の皆さんに優しくしていただき助けられました。古田さんとのシーンで、手に込められた力の強さから芝居に対する熱量が伝わってきたことが、忘れられません。言葉で教えてもらわなくても学ぶところが大きかったですね」

2021年に放送されたドラマ『美しい 彼』(毎日放送)では、スクールカーストの頂点に君臨する主人公にライバル心を抱く同級生・城田を演じ、新境地を開いた。

「明るさの部分では似ているところがあったのですが、自分の中にはない嫉妬心や黒い感情を演じることができたので、転機になった役でした」

出演した作品は可能な限り、リアルタイムで視聴すると決めている。

「一つの作品を終えた達成感を確認しています。作品の一部として携われていることに喜びを感じますし、これからもどんどん高い壁を超えていきたいという気持ちになります」

料理の腕前を番組で発揮

現在放送中の『屋台メシ部、はじめました Season2』(BS日テレ)では、料理の腕前も披露している。

「親が共働きだったので学生時代から料理は作っていました。上京してからは毎日のように自炊しているので僕にとっては日常なんです。得意料理はSeason1でも出てきた親子丼です。このドラマでは海外の屋台料理を中心に紹介していて、現地に行った気分になれますし、料理初心者の方でも作れるようなレシピを公開しているので観ていただけたら嬉しいです!」

オフの日は、ゲームをするなどインドア派だったが、最近変化があったと言う。

「この番組でも共演している先輩の濱 正悟さんと山登りに行ったんです。それが、いい汗をかいて気持ち良かったので、アウトドアもいいじゃん! ってなって。自分で釣った魚でキャンプ料理をするとか、野菜も育ててみたいなとか、行動範囲が広がっていきそうな予感がしています」

太宰 治の名言が人生の支えに

坪根さんがいつも心に留めているのは、太宰 治の「笑われて 笑われて つよくなる」という言葉。

「上京してから、仕事が決まらない時期もあったのですが、こんなところでめげていたら、これから先やっていけない。失敗しても、笑われても、いつか役に立つ時があるとポジティブに捉えています。また、自分一人の力だけでは仕事が成り立たない世界ですので、謙虚さを忘れず、協力し合うことを大切にしていきたいと思います。音楽などやってみたいジャンルはあるのですが、まずは俳優で成果を出せるように、観る者の心を動かせるような役者に成長していきたいです!」


めっちゃ楽しい撮影でした!


 
Profile/坪根 悠仁 (俳優)

2000年3月16日生まれ。福岡県出身。2018年開催の第31回ジュノン・スーパーボーイ・コンテストにてフォトジェニック賞・明色美顔ボーイ賞の2つの賞を受賞し芸能界入り。2020年NHK連続テレビ小説『エール』寅田熊次郎役にて俳優デビュー。その後、ドラマ『そのご縁、お届けしますーメルカリであったほんとの話ー』(20年/MBS)、『岸辺露伴は動かない』(20年/NHK)、『君と世界が終わる日に』(21年/NTV)、『ヒミツのアイちゃん』(21年/FOD)、『悪魔とラブソング』(21年/hulu)、『明日、私は誰かのカノジョ』(22年/MBS)などに出演。ドラマ・映画など多方面で活躍の場を広げている。
Twitter:@yuto_tsubone39
Instagram:@yuto_tsubone39



C)BS日テレ

 『屋台メシ部、はじめました Season2』に出演中!

料理好きな俳優・濱 正悟と後輩の坪根 悠仁が、世界各国の屋台メシの情報を検索し、実際に作って食べる『屋台メシ部』の活動を始めたSeason1。本人役で出演する彼らの日常をドラマ仕立てで描きながら、素顔も垣間見える新感覚グルメチックドキュドラな番組。現在放送中のSeason2も大定番な屋台メシから若者に人気な新名物などその国の“今”が分かるリアルなストリートフードの情報が満載。屋台メシ部の2人が作る“現地風屋台メシ”作りもみどころです。

BS日テレ『屋台メシ部、はじめましたSeason2』
【放送】7月9日より毎週土曜 23:30-24:00(全12回)

Contact