匠 -TAKUMI 2018- LIVE REPORT

LIVE STAGENov.28.2018

匠 -TAKUMI 2018- LIVE REPORT
2018.11.19.(MON)@名古屋能楽堂

中部エリアを代表する美容師たちが集結

2年に1度のガチンコ カットバトル開幕!

 

伝統の地、名古屋能楽堂を舞台に繰り広げられる、2年に1度のイベント『匠-TAKUMI  2018-』が開催されました。「匠」とは、手先や道具を使ってモノを作る職人、そして美しいものを作る技や動きと表現される言葉。同イベントは、JHAやWELLA TREND VISION、TBCなど様々なコンテストで受賞歴を持つ、中部エリアを代表する美容師にスポットを当て、広く発信したいと2012年、ガモウ名古屋が立ち上げたイベントです。

第4回目の開催となる今年は、トップクリエイター12名がサロン・エリアの垣根を越えて4チームを結成。新たな試みとして、それぞれのジャンル(EDGE・CREATIVE・SALON  STYLE・PHOTO)で10分間のヘアショーを行い、その中からカット技術のみならず、音楽や衣装なども含めた総合的な演出が素晴らしかった1チームに優勝が与えられるという、ジャンル戦のガチンコ カットバトルです。

「平成」最後となる今年のテーマは『次の時代に残る作品を』。審査は、ゲスト審査員(美容専門誌6社と美容専門学校5校の生徒16名)と来場者の採点(スマートフォンからの投票)を合わせた総合点で決められます。

 

1st STAGE TEAME『EDGE』
四宮 桂佑(THE ORDER)、トヲル(BLANCO)、田中 茜(worker)


 

2nd STAGE TEAME『CREATIVE』
土佐 将之氏(TALISE)、三好 英司氏(LaHzA)、小林 圭介氏(arte HAIR)


 

3rd STAGE TEAME『SALON STYLE』
椿倉 章吾氏(TLACE.)、渡辺 仁史氏(teto hair)、米川 真央氏(PER-HAPS)


 

4th STAGE TEAME『PHOTO』
河野 哲也氏(R’oti)、照屋 寛倖氏(in chelsea)、阿野田 亮介氏(rapt.)



 

“ミスター匠” 松木 宏紀氏のスペシャルステージも!

また、新たな試みとして1回目から3回目までの匠に出場し、連続でチームを優勝へ導いた、“ミスター匠”こと松木 宏紀氏(D.C.T.)によるスペシャルステージも開催。『ひとり匠』と題し、12分間で4つのテーマカットを披露。レジェンドの貫禄を見せつけるとともに、松木氏らしい「笑い」のエッセンスも加えられた素晴らしいステージでした。

 

見事、優勝を勝ち取ったのはCREATIVEチーム!

そして、今年、優勝を勝ち取ったのは、土佐 将之氏(TALISE)、三好 英司氏(LaHzA)、小林 圭介氏(arte HAIR)からなるCREATIVEチーム。個々の表現力、技術力の高さはもちろん、視覚的、音響的効果を巧みに使い、オープニングから観客の目を捉えて離さなかったパーフェクトな演出が評価されました。

今年も満員御礼となった会場では、健闘を見守るサロンスタッフや、2年後のステージには「自分が立ちたい!」と意欲を燃やす美容学生や美容師たちの熱気に包まれ、大盛況のうちに幕を閉じたイベントとなりました。

オリンピックイヤーの2020年、『匠-TAKUMI 2020-』 の会場で、皆様とお会いできることを楽しみにしております!